頭皮水虫の違い


脂漏性皮膚炎(フケ症)と間違われやすい病気に、頭皮水虫があります。頭皮水虫はその名の通り頭部にできる水虫です。カビ菌の一種である白癬菌という菌が原因です。この頭皮水虫もフケが増えていき、これまでになくフケが落ちると気になって発見されることが多いようです。

頭皮水虫は白癬菌と呼ばれるカビ菌が原因で、足につけば普通の水虫になり、頭皮に付けば頭皮水虫になるという訳です。髪の毛についた時には「しらくも」とも呼ばれます。中でも最近はトリコフィトン・トンズランスという水虫菌が多くみられます。この頭部水虫になると細かいフケが多くなると共に、髪の毛が薄くなったり脱毛が生じやすくなります。毛が根元で切れてしまっているケースもあるようです。

この頭皮水虫の治療には、白癬菌を退治しなければなりません。頭皮が白癬菌についているだけの場合にはケトコナゾールといった塗り薬の水虫薬を使うことでよくなる場合がみられています。菌が髪の毛にまで取り付いてしまっている場合には、飲み薬を服用することで対処できます。菌が原因ですので、抗真菌薬も有効です。

脂漏性皮膚炎(フケ症)と比べると、原因やメカニズムがかなり違うため、治療方法も変わってくることが多いでしょう。自分でどちらなのかわからないことも多いでしょうから、皮膚科を受診して診断してもらうことが先決です。どんな症状であっても、早めの治療を心がけていれば回復も早いものです。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 頭皮からフケがボロボロ!脂漏性皮膚炎シャンプーで治療しよう. All rights reserved