接触皮膚炎の違い


脂漏性皮膚炎(フケ症)と接触皮膚炎も、症状は似ていても違う病気といえるものです。どちらも頭部に炎症が起き、皮脂が多いことからかゆみを伴うこともあるのです。でも、よく調べると、その原因やメカニズムが違うので注意が必要といえます。

接触皮膚炎とは、俗にいう「かぶれ」のことです。刺激物に触れて炎症が起こる場合と、アレルギーのある人が原因物質に触れて炎症がおきる場合があります。接触皮膚炎がおきやすい刺激物としては、油や洗剤、せっけん、アンモニアといったものが挙げられるでしょう。アレルギー反応を起こすものとしては、化粧品や特定の植物、金属などがあげられます。

具体的には、ヘアカラーやパーマ液、ヘアスプレーやシャンプーといったヘアケア製品からかぶれを引き起こすことがみられますし、メガネのつるの金属、汗といったものも原因になることがあるのです。ヘアケア製品が疑われるなら、それを使用した時としない時を比較する事で原因を特定することができるでしょう。アレルギー反応が疑われる場合には、パッチテストをすることで特定の原因物質を突き止めることができます。接触皮膚炎の場合は、自分のからだ以外の異物への反応ですので、引き起こした物質を特定して避ければ症状は収まります。

一方、脂漏性皮膚炎(フケ症)の場合には、自分が分泌する皮脂や自分の頭皮だった老廃物であるフケが原因であったり、どこにでも普通に存在しているマラセチアというカビ菌が原因であったりするので、避けるということができません。発生したものを洗髪などで除去することが必要になるでしょう。

接触皮膚炎も脂漏性皮膚炎(フケ症)も、炎症を抑えるためのステロイド剤や、かゆみを抑えるための抗ヒスタミン剤を使用する点では共通するといえるでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 頭皮からフケがボロボロ!脂漏性皮膚炎シャンプーで治療しよう. All rights reserved